相手の印象は名刺で決まる

企業に務め、名刺の交換を繰り返していくと、色とりどりの名刺、工夫を凝らした名刺、写真がついている名刺、様々です。数日たって名刺を整理しようとすると、名刺を見てどのような相手であったか、思い出すこと、思い出せないこと共にあります。名刺は相手に印象を持ってもらうための大切なツールだと思います。

名刺に込める思い

名刺には、会社名、役職や部署名、資格など、企業における自分の情報が沢山込められています。今は自分で名刺を作ることができる時代になりました。目を引くような名刺も多くなり、工夫を凝らしている名刺は印象にも残りやすいものです。
名刺を交換するときには、「私のことを覚えていてほしい」という思いを込めて交換する方が多いと思いますが、名刺を一工夫することによって、その思いは伝わりやすくなると思います。難しい漢字や読みづらい漢字に振り仮名がついていたり、文字や連絡先が大きく書かれていると、目が見えにくい方々に対する思いやりが感じられるだけではなく、他の名刺と比べて目立つため、印象に残ります。名刺交換のわずかな時間だけでは伝えることが難しい思いや人となりを、名刺は伝えてくれるかもしれません。

名刺を持つという事

一方で、名刺には、「自分の気を引き締める」「企業における自分の責任と役割を示す」という役割も担っていると思います。名刺を持つ以上、相手に対して真摯に向き合わなければならないことでもあり、簡単に渡すもの、いただくものではないと言っても良いかもしれません。初めて自分の名刺を持ったとき、多くの人は何度も見直し、嬉しい気持ちを抱いたのではないかと思います。会社の一員として、責任ある仕事を自分の名前で任されることは、一人前として認めてもらえた証でもあります。名刺には、初心を忘れることなく、いつまでも真摯な気持ちを持ち続けることができるようにするための役割もあり、自分が思っている以上にとても大切なものなのかもしれません。

名刺をうまく活用する

いただいた多くの名刺は、機会がなければあまり見直すことはなく、かといって簡単に捨てることもないものではないでしょうか。名刺ファイルも電子化が進み、携帯電話で管理ができる時代になりました。それでも、データではなく、紙を触りながら名刺を見つめるという行いは将来も変わることはないでしょう。
では、自分の名刺は相手にとってどのくらい印象的か、考えてみたいと思います。例えば、相手が誰であっても同じ名刺を渡すかという点では、年齢層に応じて数種類の名刺を使い分けるということにより、より相手に伝えたい思いが伝わるかもしれません。相手のことを考えて作られた名刺であれば、受け取った時、その思いは名刺からきちんと伝わるものだと信じたいと思います。