名刺もデザイン次第

社会人として働き始めると持つようになる名刺。特に、営業職や取引先の企業と顔を合わせることが多い部署に勤めている人などは名刺交換をする機会が多いです。デザインが豊富なため、どのような名刺を作ればいいのか悩むかもしれません。名刺のデザインについて紹介しますので、参考にしてみてください。

会社や自分のイメージカラーに合わせる

シンプルな名刺であれば、白い紙に黒字で名前、会社名、連絡先などが記載されているものが一般的です。しかし、シンプルだからこそ、文字の色を変えることで印象が変わることもあります。例えば、青色であればクールで知的な印象がありますし、オレンジ色であれば元気で明るい印象があります。会社のイメージに合わせる、または自分のイメージに合わせて文字の色を選ぶと、名刺を受け取った側も色からどのような会社、人なのかをイメージしやすくなります。黒以外の文字は読みにくいのではと心配であれば、強調したい部分のみ色を変えてみたり、名刺の色をカラーにして黒文字にしたりと工夫することもできます。名刺自体をカラーにする場合、読みづらくならないように薄い色を選びましょう。

フォントは統一して見やすく

文字のフォントは種類が多く、名刺においても好きなフォントを選ぶことができ、印象を変える要素となります。楷書や明朝体は普段から見慣れていて、読みやすいことから名刺にも使われていることが多いです。しかし、名前を目立たせたい、少し柔らかい印象のあるフォントにしたいという場合は、ゴシック体やポップ体を選んでみるといいでしょう。文字を小さくした場合、フォントによっては読みづらくなる可能性もあるためよく確認することが必要です。そして、記載する項目ごとにフォントを変えてしまうと読みづらくなりますし、全体のバランスが悪くなってしまうため、フォントは1種類で統一するか多くても2種類に留めておくことがおすすめです。また、会社のイメージにそぐわないフォントは避けるようにしましょう。

用紙を変えれば個性的でおしゃれな印象に

名刺に使用される紙は、色を変えることができるだけではなく、さまざまな紙質のものがあります。一見、同じような紙に思えても、厚さや手触りが違ったり、エンボス加工が施されていたりと種類が豊富です。厚めの用紙を使えば重厚感があり堅実な印象を与え、薄めであればスタイリッシュで親しみやすい印象を与えます。また、和風の料理屋であれば、和紙を使用した名刺にするとお店のイメージにも合いますし、落ち着いた印象になります。他にも、表面にフィルム加工がしてある名刺は、見栄えが美しく高級感がありますし、透明な名刺少し変わっていて個性的な印象に繋がります。
このように名刺用紙にも多くの種類があり、印字するデザインに加えて工夫することで印象に残る名刺を作ることができます。